9:30~18:30
水曜日・日曜日
2020年05月04日
不動産に関するブログ

新型コロナウイルスの影響で今後の不動産市況はどうなる?

新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令中ですが、緊急事態宣言の期間が5月末まで延長されることがほぼ決定しました。

そんな中で不動産業界においても厳しい状況になってきていると実感しているところなのですが、今後不動産市況はどうなっていくのでしょうか?

現場レベルで感じていることとなりますが、読んで頂けると幸いです。

これまでのような活発な動きは少なくなると予想されます

ここ数年の間、海外からの不動産購入者が増加し、全体的な相場も上がり不動産市況は好調といえる時期でした。

しかし、今回の新型コロナウイルスの影響からの経済活動の自粛によって全体の動きは鈍くなっていると感じています。そのため日常生活に戻ったとしても、これまでのような活発な動きは少なくなると予想します。

それでも大幅な不動産相場下落は考えにくい

動きが鈍くなることで考えられることは相場の下落です。では極端な下落するかと言われるとそうではないと考えています。

リーマンショック時、私は建売住宅の販売会社で勤務していましたが当時不動産価格が下落したというイメージがありませんでした。会社の動きが止まったという感覚も一切ありませんでした。つまりどのような状況であっても様々な事情から住宅を売らなければならない、買わなければいけないという方はいらっしゃるのです。

但し、リーマンショック時と現在の状況は全く異なりますので一概には言えませんが、下落するにしても一時的に下落傾向に転じ、一定のところで下げ止まりし、そこでしばらく安定するのではないかと考えます。

このような状況でも不動産は売れます

実はこのような状況であっても不動産は売れています。これは物件の種類にもよります。種類って何ってなりますが、一般的な居住用としての物件に限っては、マンション、一戸建に限らず売れていっている状況です。

しかし、収益不動産については金融機関の融資の審査が厳しくなっておりここ数年のような動きに比べると陰りが見えています。

市場への影響は2~3ヶ月後くらいから出てくると思われます

不動産市場への新型コロナウイルスの影響は2~3ヶ月後くらいになってから影響が出てくるのではないかと思います。もちろん現在でも内覧がキャンセルになったり、契約がキャンセルになったりと影響は出ています。これはこれまで動いていた方が一時的に控えただけで、大半の方が戻ってくると思われます。但し、これから検討しようという方は、ある程度限定されてくると思います。

まとめ

最後に、今後についてですが活発な動きは少なくなり相場の下落は考えられますが、大幅な相場下落は考えにくいと思われます。

お客様の動きもこれまでは冷やかしのお客様ということも多くありましたが、今この時期に不動産に関して相談のある人は本気でどうにかしたいという方だと思います。これから不動産を売却もしくは購入を考えている人は冷やかしといわれる方が減っていくと思われ、逆に今この時期が「売り時」であり「買い時」ではないかと思っています。

人との接触も制限されているこのご時世なので、今すぐというと抵抗があるかと思いますが、時期をある程度決めて不動産の売却・購入を考えている方は準備を始めておくことをオススメします。

 

弊社は随時相談可能ですのでお気軽にご連絡下さい。

現在、新型コロナウイルス感染拡大予防のため原則訪問営業、来店の接客は控えさせて頂いております。どうしてもという場合は事前にご予約を頂いた上で、マスクの着用など新型コロナウイルス感染予防の対策を取らせて頂きますので、ご理解の程お願い申し上げます。

この記事を書いた人
髙橋 智也 タカハシ トモヤ
髙橋 智也
体を動かすことが好きなのでフットワークは軽いです。
西宮だけでなく周辺の阪神地域の売買・賃貸のご相談承りますのでお気軽にご連絡下さい。

不動産に関するご相談はこちらから

INQUIRY
必須
必須
ご相談内容
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward