9:30~18:30
水曜日・日曜日
2020年05月22日
西宮の情報、業務・日常生活に関するブログ

政府配布の布マスクが不要な方、有効活用してくれる施設へ寄付しませんか?

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策(2020(令和2)年4月7日閣議決定)において、一住所あたり2枚の布マスクの配布がされることとなりました。通称「アベノマスク」ですが、皆さんのお宅へは届きましたでしょうか?

兵庫県では5月11日(月)よりマスクの配布が開始されたようですが私の自宅にはまだ届いておりません(笑)

しかし、現在はマスクの価格も下がってきて店頭でも見かけることが多くなってきているので今更送られてきたって必要ないっていう方も多いのでは思います。

西宮市では「一般社団法人ジョブステーション西宮」が布マスクの寄付を依頼されています。

ジョブステーション西宮とは!?

ジョブステーション西宮は、西宮市福祉的就労支援事業を受託し、障害者就労施設と連携して、障害のある人の工賃向上に取り組んでいる団体です。

そして、ジョブステーション西宮が布マスクの寄付を依頼している目的として2つあげています。

①障害者の入所施設や作業所など、政府からの布マスクを必要としているところへ、寄付をする。

②布マスクを製作販売している作業所へ「材料」として寄付をする。政府からの布マスクを作業所でオリジナルの布マスクにリメイクし、作業所が販売。障害者の工賃向上につなげます。

活用の決定については寄付の状況をみて判断するそうです。

昨日、2020(令和2)年5月21日(木)、京都府・大阪府・兵庫県については4月7日(火)以降発令されていた緊急事態宣言が解除されました。

但し、緊急事態宣言の解除によって新型コロナウイルスの感染拡大が終息したわけではありません。第2波、第3波の懸念や感染予防のためにも今後もマスクは必要となるはずです。冒頭でも述べたようにマスクは1ヶ月前はなかなか市場で見られなかったのですが、今は店頭でも少しずつ見かけるようになり価格も下がってきており幾分手に入りやすい状態となっています。

布マスクの配布が5月中に配布されるかどうか疑問なところもありますが、布マスクが不要という方は社会貢献の一貫としてジョブステーション西宮の寄付へ協力してみてはいかがでしょうか?

 

●寄付の方法●(ジョブステーション西宮Facebookページより抜粋)

①普通郵便にてジョブステーション西宮までお送りください(着払いはお受けできません)

(送付先)
〒662-0916
兵庫県西宮市戸田町3-22-102
一般社団法人ジョブステーション西宮 あて

②20枚程度のまとまった量を寄付いただける場合、西宮市南部に限りますが受取に伺うこともできますので、お電話かFacebookメッセンジャーで、ご連絡ください。

 

ジョブステーション西宮のFacebookページはこちら→https://ja-jp.facebook.com/jobstationnishinomiya/

この記事を書いた人
髙橋 智也 タカハシ トモヤ
髙橋 智也
体を動かすことが好きなのでフットワークは軽いです。
西宮だけでなく周辺の阪神地域の売買・賃貸のご相談承りますのでお気軽にご連絡下さい。
arrow_upward