9:30~18:30
水曜日・日曜日
2019年07月24日
西宮の情報、業務・日常生活に関するブログ

谷崎潤一郎の小説「細雪」の舞台にもなった一本松とマンボウトンネル

今日は弊社事務所近くの街並みの紹介をしたいと思います。

谷崎潤一郎の小説「細雪」は谷崎潤一郎の代表的な小説の1つですが、原作の中にこの一本松が登場します。場所は西宮市常磐町。JRさくら夙川より徒歩9分、阪神西宮より徒歩11分の場所にあり、住宅街の中に道路から突き出て立っています。

なぜ突き出ているのかは不明です

この松の木がなぜ道路から突き出て立っているのかは、正直いいますと不明です。元は武庫郡と兎原(うはら)郡の郡境界だったようです。恐らく他にも由緒ある松の木なのではないかと個人的には想像しています。現在、この松の木は西宮市の保護樹木にしてされています。

一本松から南に向かって歩くとマンボウトンネルがあります

「細雪」の話しの中では一本松の他にマンボウトンネルが出てきます。場所は西宮市平松町。一本松のある常磐町の南側になります。こちらのトンネルは元々、国鉄が開業する際に用水路が流れるように作ったトンネルで、後に人が通れるようにしたそうです。トンネルは現在も利用されており日常生活に欠かせないトンネルとなっており、私も利用することがありますが昔からの風情も残っている場所なので維持していってほしいものです。

この記事を書いた人
髙橋 智也 タカハシ トモヤ
髙橋 智也
体を動かすことが好きなのでフットワークは軽いです。
西宮だけでなく周辺の阪神地域の売買・賃貸のご相談承りますのでお気軽にご連絡下さい。
arrow_upward